フォトフェイシャルのニキビ治療の現状と有効性について

フォトフェイシャルでニキビ跡検査、通う前に知っておきたい事例について解説させていただきます

 

フォトフェイシャルは灯の力で治療していくもので、ニキビ跡の赤み効果があります。

 

 

フォトフェイシャルはポルフィリンという物体に稼働します。
これはニキビバイ菌が放出されています。

 

活性酸素を発生させる青色灯と、炎症性ニキビやニキビ跡の赤みに反応する赤色灯を利用した治療方法だ。

 

フォトフェイシャルの利点としては、皮膚に負荷をあたえずにニキビやニキビ跡の赤みに効果があります。

 

人肌のテカリの解約もしてくれます。そして、反発もないので鋭敏人肌のクライアントでもOKです。
スピードダウン時間もありませんので気軽に検査ができます。

 

フォトフェイシャルのマイナスは、効き目が弱いことです
効能を感じるには数回通って検査を受けなければいけません。

 

 

また、治療して次の治療をするまでに早くて2週、
遅くて4週くらい中を開けなければいけないので検査が終わるまでに長くがかかってしまいます。
また、度数が増えるということは費用もかさんでしまいます。

 

フォトフェイシャルは利点もマイナスもあります。気長に治療しても良い人やお金に余裕があるクライアントは
ニキビ跡の赤みに効果的なのでやってみてくださいね♪

 

フォトフェイシャルは度数をこなすためニキビ跡にも確かな効果があるようですが
金銭的にも続けるのが難しい方も多い筈です。

 

あんなクライアントにはリプロスキンというニキビ跡を自宅で治すことができるメーキャップ水が勧告
リプロスキンを使用すれば、フォトフェイシャルよりも安価で早く治ります
平均的に3週間から1カ月が目安となります。